スペイン旅行。その6。

マドリッドを経ってからここまで約3日間は、ずっとバス移動。
移動距離約900km。
さすがに疲れも出てきた。
グラナダからバルセロナまでは直線距離で約1000km。
この距離がバス移動かと思うと地獄。。。
しかし快適な空の旅✈️で約1時間半で到着
バルセロナは今までの南部とは違い洗練されている。
関西弁で言うところの「シュッとしている」のだ。
グラシア通り、ランブラス通り。
お洒落な店が軒を連ねている中をバスが通る。
ふと建物の間からニョッキリとしたものが見える。明らかに異質なものだ。
1883年、2代目の建築主任として携わったアントニオ・ガウディのサグラダファミリア(聖家族教会)だ。
ここ数日の豪華な建築物の洪水にちょっとお疲れ気味だった頭と身体。
しかしその地面から生え出た異彩を放つ数本のトウモロコシに心を奪われる。
建築美というか、原始美というか、生命の迫力を感じる。
内部は外見とは違い未来、色彩が頭の上から降りかかる。
誰かがサグラダファミリアの内部は母体回帰の場所だ。と言っていたが、まさにそれを感じる。
天才?狂人?が故のガウディの情熱がこの生き物にオーラを纏わせているように思った。
ここのところの感動の満腹に実は別腹があったのだ。
このサグラダファミリアまだ建設途中で、ガウディ没後100年にあたる2026年に完成予定らしい。
その後、こちらもガウディが携わったグエル公園へ。
別腹の上にまた別腹。
石で積まれてアーチ状になっている回廊、バルセロナの街が見下ろせる広場、モザイクタイルの装飾が美しいベンチやトカゲの噴水。シュロの葉をモチーフとした扉。数えればキリがない。
もう別腹も満腹。。。

夕方ホテルに到着し、この日はもう動く事が出来ず、近くのショッピングモールで軽く食事を済ませ、生ハム、チーズ、サングリアの2リットルのペットボトルを買い込み部屋で晩酌。
テレビの66ch 海外NHKにチャンネルを合わせ、ところどころに聞こえる日本語を子守唄代わりに眠りにつく。
明日はバルセロナを一日フリータイム。

次回につづく。

次回「バルセロナの悲劇!のち歓喜!」
a0284133_1574556.jpg

a0284133_1574638.jpg

a0284133_157471.jpg

a0284133_1574872.jpg

[PR]
by domingosdomingos | 2014-05-30 23:19
<< スペイン旅行。その7。 スペイン旅行。その5。 >>