礼儀。

とある日、ある人の個展を観に行った。美術的な展覧会だ。
「お邪魔します」と、その素敵な個展会場に入る。
作家が現れ「あ、こんにちは」
ふと見るとポケットに両手が入ったまま。
心の中で「え?」と思ったのだが、入ってしまったので出るに出られず鑑賞したのだが、どうもポケットに手を入れたままの姿勢が心にひっかかる。
作品を観て説明を受けても、もう何も入ってこない。
多分素敵な作品だったのだろうが釈然としないままギャラリーを後にした。
作ると言う事は自分本位であるだろうし自由だけれども、発表するという事はそんな訳にはいかない。
人に観てもらうための自分が作った機会だ。
そこに礼儀がなければ作り手は何の為につくるのか?
作品をどう観てもらうのかは作り手の姿勢次第だと僕は思う。
a0284133_2026890.jpg

[PR]
by domingosdomingos | 2013-10-26 19:45
<< 距離感。 値打ち。 >>