値打ち。

30代前半の頃、それまで取り引きのあった焼き物の卸問屋の仕事がなくなり、器店と直接取り引きができればと毎日ウロウロ。キョロキョロ。
その頃は器店の情報も少なく、婦人雑誌の別冊号の素敵に取り上げらている器店の情報が頼みの綱。その本を持って先輩作家に相談に行った。
「こんな店とたくさん付き合えたらと思いますわ。。。」
先輩作家は笑いながら「そうなんか?そやけどな、そんな事にごまかされたらあかんで」
「はぁ」と僕。
先輩作家は続ける。
「名前が知られてなくてもいい店はいっぱいあるし、本に載っているというだけで選んだらあかんで。要はそのお店とどんなお付き合いができるかや」
今はもっともっと色んな事、モノ、人、店が取り上げられ情報満載だ。
でもやはり最後は人と人の付き合いになる。
そこに値打ちがあると先輩作家に教えていただいた。
a0284133_23164494.jpg

黒釉輪花6寸皿
写真 大塚様
[PR]
by domingosdomingos | 2013-10-25 00:42
<< 礼儀。 道具。 >>