相方。

「この仕事が好きか?」と聞かれて「好きだ」とは答えられないし、答えたくない。
漫才師の相方のようなものだ。
コイツに悩まされ、困らされ、眠れなくて、辛い思いもしてきた。これからもだろう。
でもコイツだから続けてこれたし、コイツだから真剣に考えてきたし、コイツだから一生懸命やってこられた。
これからもそうでありたい。
好きとか嫌いとかそんな安っぽいものではなく、僕にはなくてはならないものであり、
僕にとっての最高の相方なんだ。
a0284133_23521496.jpg

[PR]
by domingosdomingos | 2013-09-06 23:28
<< 陶屋なづな 高島大樹展。 委託商売の謎。 >>