磁器を制すものは陶芸を制す。

ずっと土ものをやってきたのだが、ここ何年かは磁器を使ってものを作るようになった。
磁器とは言っても磁土に土をほんの少し混ぜているし、作りももっと緩々で、あの光り輝く凛とした磁器とはかなり違うものだ。
しかしそんな仕事でも土ものの仕事との違いは歴然だ。
土ものでは見逃していた細心の注意がないと一気に崩れてしまう仕事だと痛感する事に。
土ものがいい加減と言っている訳ではない。しかし融通が効く部分は磁器よりもかなりあるのも真実だ。
作るという事が作為的で人工的という定義が本筋なら、磁器で本格的にものを作っている人にはかなわないと思う。
これから磁器のものをどこまでやっていくのかはわからないが、これだけは心にとめておきたい。
「磁器を制すものは陶芸を制す」
a0284133_214015100.jpg

[PR]
by domingosdomingos | 2013-08-24 21:24
<< 委託商売の謎。 語らぬところに精霊は宿る。 >>