親友の親父さん。

代々、焼き物屋である親友の親父さん。
この仕事をやり始めて、少し経った頃に話してもらった事を時々思い出す。
「注文もらえるんやったらな、今から茶碗一個持って東京に来い!言われても俺は持っていくし、馬券買うてこい!言われても買いに行くで。」
己の仕事のやり方を作り上げた男としての、仕事を引き継いだ男としての、親父としての、男の言葉。
今でもずっと心にある、尊敬する大先輩の言葉です。
a0284133_23424245.jpg

[PR]
by domingosdomingos | 2013-06-29 23:41
<< ケツの汚い仕事。 備わっているもの。 >>