自分の才能。

a0284133_2251645.jpg
昔、父がよく「若い奴は自分には才能があって、いつかそれが開花すると
変な期待ばかりしてるのが多い」と言っていました。
今から思えば私自身も身に覚えがあります。
作り手というのは頭の思考だけでは何もできません。
頭の思考というのは手に技術がないとおぼろげなもので、
まず具現化できません。
だからとにかく毎日手を動かすのです。しつこく、しつこく。。。
そしてそのうちに手に宿った技術が頭の思考と直結した時に
モノができるのだと思います。
そしてその作業には終わりがなく果てしなく続いていくものなのだと思います。
たくさんの事、人、苦悩、喜びを経験しながら。
その道のりもなく才能を信じるというのは、勇気もなく、努力もしたく
なかったんだろうなー。
そして才能とは他人が感じることで自分が感じることではない、
ということも知らなかったのです。





   
[PR]
by domingosdomingos | 2012-09-28 07:49
<< 飯碗と汁椀 展。 地下倉庫。 >>