<   2016年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

信頼感。

何が厄介かというと作り手と売り手のベタッとした付き合いだ。
仕事の付き合いとしてお互いを尊重し合う仲だとわきまえていけるのが1番良い。

友達ではないのだ。

お金が絡んでいるから。

その事をキチンと踏まえている先に本当の信頼感が生まれると思う。
信頼感はある意味、友情より優れているのではないかとすら思う。
a0284133_10134511.jpg


[PR]
by domingosdomingos | 2016-01-31 10:04

恥ずかしい。

たまに何気なく入った料理屋で自分の器に出会うことがある。
とても嬉しいのだけれど、あえて何も言わず店を後にする事が多い。
前に母と入った料理屋で僕の器が使われていた。
小声で「僕のや」と言うと、母は店の人に「すみません、この器、この子が作ったんですのんえ」
よ、余計な事を!
店主は褒める事しかできなく、僕はただただうつむいてお礼を言うしかない。
あれ、恥ずかしいんです。

a0284133_22330853.jpg





[PR]
by domingosdomingos | 2016-01-12 22:20

恥ずかしい。

たまに何気なく入った料理屋で自分の器に出会うことがある。
とても嬉しいのだけれど、あえて何も言わず店を後にする事が多い。
前に母と入った料理屋で僕の器が使われていた。
小声で「僕のや」と言うと、母は店の人に「すみません、この器、この子が作ったんですのんえ」
よ、余計な事を!
店主は褒める事しかできなく、僕はただただうつむいてお礼を言うしかない。
あれ、恥ずかしいんです。

a0284133_22434647.jpg





[PR]
by domingosdomingos | 2016-01-12 22:20

もったいない。

自分の中だけで成り立っているものって、世間で言うとひとかけら。
若いのにそこにこだわっている人が多い。
僕もその1人だった。
自分が1番大切なんてもったいないと思わないかい?
諸先輩方の言葉は本当に正しかった。

a0284133_00322030.jpg





[PR]
by domingosdomingos | 2016-01-12 00:24

支えてくれるもの。

僕がここまで28年仕事を続けてこられたのは、代々家がこの仕事をしていたから。
そして京都の陶工訓練校、工業試験場。
そこで過ごした同期達。
一緒に展覧会や陶器祭りをしてきた仲間達。
どうしていっていいのかわからず、やめたいと悩んだ時の父の言葉。
初めて僕に注文をくれた京都の問屋の親父さん。
色んな作り方、やり方を教えてくれた諸先輩作家。
家業が倒産して仕事が続けられなくなり、仕事を諦めようとした時に、引き留めてくれた後輩。
黙って僕の苦しい話を聞いてくれた親友。
仕事場を貸してくれた会社の社長。
苦しい時に仕事をくれた器店の方々。
ずっと長く付き合ってくださってる器店。
喧嘩して付き合いがなくなった器店。
腹立つ事を言う奴。
笑顔で会いに来てくださるお客さん。
僕をいつも見守ってくれる家内。
家内の両親、兄弟。
僕の親、兄弟。
僕に甘えてくれる子供達。
そんなたくさんの支えがあって僕は続けてこられた。
これからもこの仕事を続けていく責任が僕にはある。
a0284133_01064483.jpg




[PR]
by domingosdomingos | 2016-01-10 00:36

作る事と売る事。

僕は父の元でこの仕事を習った。
作る事ばかりではなく、売る事も勉強させてもらった。
今のように情報もなく、数少ない器の本、色んな街の公衆電話ボックスにあるハローページの器店の項目を調べたり、たまたま通りかかった器店を憶えておいて飛び込み営業をかけた。
父は僕にやり方を指図せず、自由にやらせてくれた。
不躾な僕の営業を怒られたり、我慢して下手な話に付き合ってくれたり、何も言わず注文をくれたり、足元をみられたり、色んな器店の方々から色んな経験をさせてもらった。
それまで作る事ばかりやっていたが売れる現場を勉強すると作るものが変わった。
仕事とはこういう事なんだと色んな人に教えていただいた。
作る事だけでは仕事は回っていかない。
そして待っているだけでは仕事はやって来ない。
a0284133_13504278.jpg



[PR]
by domingosdomingos | 2016-01-08 13:28

1番カッコ悪いこと。

自分が言われて1番嫌だった事を、人にいう事。
僕は絶対に言わない。
これだけは絶対に守っていく。
僕は作り手だけとして生きているわけではない。

a0284133_22292209.jpg



[PR]
by domingosdomingos | 2016-01-07 15:23 | 思う事

とある日。

とある日にお付き合いのある器店から電話がかかってきた。
「〇〇さんが、3時に来られるはずなのにまだ来られないんだけど、どうなってるの?」
僕、「は?」
「高島さんの紹介でこちらに3時に来ると言われてたんだけど。。。」
どうやら、勝手に僕の名前を使って、その店に連絡を取ったみたいだ。
仕事を広げていくうえで積極的にやっていくのは大いに結構だけど、そんな勝手な事をするのはいかがかと。
僕はその店と20年の付き合いをしてきた。
この長い年月をどう考えるのか?
事情を説明してなんとか理解してもらったのだが、不愉快だ。
自営業は自由業ではない。
a0284133_23255742.jpg


[PR]
by domingosdomingos | 2016-01-06 23:14