<   2013年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

陶屋なづな 高島大樹展 その3。

いよいよ本日個展の初日を迎えました。
オープンから本当にたくさんの方が来ていただき心より感謝申し上げます。
今回の個展にあわせ、なづなさんとは色々と準備してまいりました。
そんな個展をさせていただく事は作り手にとって本当に嬉しい事です。
心が通じ合う展覧会をこれからも続けていくことができたらと思っております。
a0284133_0185422.jpg



高島大樹展
2013.9.25(水)〜2013.10.12(土)
open 水,木,金,土 am11:00〜pm5:00
在廊日 9.25(水).28(土).10.5(土).12(土)

陶屋なづな
奈良県北葛城郡広陵町馬見北9-2-6
0745-55-9117
http://www5.kcn.ne.jp/〜naduna/
a0284133_018539.jpg

[PR]
by domingosdomingos | 2013-09-26 00:02

陶屋なづな 高島大樹展 その2。

いよいよ明日から奈良 広陵町の陶屋なづなでの個展が始まります。
春と秋、年に個展は2回しかできないので、今年最後の個展になります。
今年から始めた絵付けの器。
a0284133_22595147.jpg


そしてなづなさんの定番の器達。
a0284133_2259538.jpg


そして飾るもの達。
a0284133_22595444.jpg


本当に素敵な空間のなづなさんに足を運んでいただけたら幸いです。

高島大樹展
2013.9.25(水)〜2013.10.12(土)
open 水,木,金,土 am11:00〜pm5:00
在廊日 9.25(水).28(土).10.5(土).12(土)

陶屋なづな
奈良県北葛城郡広陵町馬見北9-2-6
0745-55-9117
http://www5.kcn.ne.jp/〜naduna/
[PR]
by domingosdomingos | 2013-09-24 22:08

陶屋なづな 高島大樹展。

奈良 広陵町 陶屋なづなでの個展まであと8日。
なづなさんとのお付き合いは5、6年ほど前に知り合いの陶芸作家からの紹介で我が家に来てくださったところから始まった。
自宅をお店にされていると聞いて、「むむ~っ、自宅ショップ~?大丈夫~?」というのが最初の印象だったのだが、店にうかがってビックリ!
な、なんて素敵な自宅!というか店!
そしてもてなしの素晴らしさ!
そしてそしてなによりもオーナーの大垣さんのO型ぶり!笑
いえいえ、本当に全てが心地よく、お客さんも大垣さんのセンス、そして温かさに惹かれて来られているのだなといつも思わされる。
そんなお店で個展をさせてもらうのはとても光栄だ。
今回の個展では定番の粉引、黒釉の輪花シリーズ、そして緑滴釉シリーズ、壁掛けの絵皿と今年から始めた絵付け、模様の器を出品いたします。
是非、素敵なオーナーに会いに来ていただけたらと思います。

高島大樹 展
2013.9.25(水)〜2013.10.12(土)
open 水,木,金,土 am11:00〜pm5:00
在廊日 9.25(水).28(土).10.5(土).12(土)

陶屋なづな
奈良県北葛城郡広陵町馬見北9-2-6
0745-55-9117
http://www5.kcn.ne.jp/〜naduna/
a0284133_21544857.jpg

[PR]
by domingosdomingos | 2013-09-16 21:22

相方。

「この仕事が好きか?」と聞かれて「好きだ」とは答えられないし、答えたくない。
漫才師の相方のようなものだ。
コイツに悩まされ、困らされ、眠れなくて、辛い思いもしてきた。これからもだろう。
でもコイツだから続けてこれたし、コイツだから真剣に考えてきたし、コイツだから一生懸命やってこられた。
これからもそうでありたい。
好きとか嫌いとかそんな安っぽいものではなく、僕にはなくてはならないものであり、
僕にとっての最高の相方なんだ。
a0284133_23521496.jpg

[PR]
by domingosdomingos | 2013-09-06 23:28

委託商売の謎。

この仕事を始めて約25年。
お陰様で何軒かの器店と取り引きさせていただき、商売をさせてもらっております。
お付き合いさせてもらっているお店は全てが商品を注文くださって買い取っていただいております。本当にありがたく思っていると同時に、私もキチンと売れていくものを作る努力をし、全てが良好、健全な関係だと勝手ながら思っております。
しかし新しくお付き合いの話をいただいたものの、委託での取り引きでとお願いされる場合もありますが、委託は基本的にお断わりさせていただいております。
これは私自身が納得いかない取り引きに思うからです。
何か積極的な仕事とは思えないというのが主たる思いだからです。
その消極的な姿勢で作り手の気持ちやこのものを売りたい気持ちが買い手の方々に伝わるのだろうか?
どこかに商売の甘さが出るのではないか?という思いがどうしてもぬぐいされない。
お互いが積極的な姿勢でいる事が健全な取り引きであるとするなら、委託商売が成り立つ謎が解明できない。
但し、ギャラリーの様な展覧会を主にされているところはこの意見には当てはまらないと思います。
a0284133_23265987.jpg

[PR]
by domingosdomingos | 2013-09-01 22:52